コンタクトと度数 運営責任者

こんにちは。

コンタクトと度の運営責任者咲です。

 

現在は違う仕事をしていますが、私はかつて、約10年間、コンタクトレンズに関する臨床と治験をしていました。
延べ人数だと数万人の眼と出会い、お世話させて頂きました。

 

今回このサイトを立ち上げた経緯は、友人からコンタクトと度の関係を聞かれることが続いたためです。

 

だからといって、今後聞かれたら「このサイトを見てくれたらわかるから!」と言って説明しないというわけではありませんよ(笑)

私が従事していたころも予兆がありましたが、最近はとくに低価格化のために人件費が抑制されて、タガが外れたように使用者側のモラルも低下しているように思います。

とくにカラコンは医療に関連するモノというよりは、完全にファッションアイテムになっていますよね。

 

ファッショナブルでリーズナブルということが先行してしまい、体の中で一番敏感で傷つきやすい角膜の保護がおろそかになっている気がします。

今回のコンタクトと度というテーマは理数系なのでイマイチ馴染めなかったかもしれませんね。

 

このあたりを詳しく学びたい方は眼鏡光学で検索してみてください。

 

詳しくなるとカメラにも通じてくるので、スナップ写真を撮ったり、お子さんを撮ったりするときにそれなりに役立ちますよ!
 

コンタクトと度数 コンテンツリンク

  1. コンタクトと度数の関係
  2. コンタクトと度数の関係2
  3. カラコンって安全?
  4. カラコンって安全?その2
  5. コンタクトと度・運営者
  6. コンタクトと度・リンク集

 

コンタクトと度数の関係ってイマイチわからないですよね?そんなコンタクトと度数について、わかりやすくシンプルに解説しています