コンタクトと度数の関係とは? その2

かなこさんの場合

公式 D=1/焦点距離(D:度数=焦点距離分の一)

かなこさんは-2.00という度数のコンタクトを使っています。

この場合、-2.00=1/fとなり、f=-0.5です。

fは遠点といい、その人がどこまで遠くにピントを合わせることができるかを表しています。
この数値の単位はメートルです。

 

ですから-2.00の度数のコンタクトレンズを使っているかなこさんは、-0.50m、つまりは眼前50cmまでにしかピントが合わせられないのです。

-2.00というと、近視としては軽いほうなのですが、それでも50cmより先は裸眼でくっきりと見ることはできないのです。見えていてもぼんやり見えているだけなのです。

 

それぞれの度数と遠点

この公式に照らし合わせると、<度数と遠くまで見ることのできる能力の関係は、

  • -1.00で1m
  • -2.00で50cm
  • -3.00で33.3cm
  • -4.00で25cm
  • -5.00で20cm
  • -6.00で16.7cm
  • -7.00で14.3cm
  • -8.00で12.5cm
  • -9.00で11.1cm
  • -10.0で10cm

となります。

 

一般的に-3.00までを軽度、-5.75までを中度、-6.00以上を強度近視と呼んでいます。

この基準はある程度の目安で、強度だから病気だとか、そういうことではありません。

また、区切っている数値に特別な意味があるわけではありません。

ただし、強度近視の場合には、網膜剥離などの危険もあるため、自覚はしておくべきでしょう。

 

度数と視力の関係

この度数と視力の関係はある程度比例関係にあるのですが、乱視の有無や硝子体や網膜などの状態によって、同じ度数の人でも視力は変わってきます。

レーシックを受けた場合にも、コントラスト感度が若干低下するため、健康で視力矯正をする必要がない人の1.0と、レーシックを受けた人の1.0とでは、見え方のクッキリ度が異なります。

ちなみに視力の0.5と度数の-0.50とは全く違う概念ですので、混同しないように気をつけてください。
 

コンタクトと度数 コンテンツリンク

  1. コンタクトと度数の関係
  2. コンタクトと度数の関係2
  3. カラコンって安全?
  4. カラコンって安全?その2
  5. コンタクトと度・運営者
  6. コンタクトと度・リンク集

 

コンタクトと度数の関係ってイマイチわからないですよね?そんなコンタクトと度数について、わかりやすくシンプルに解説しています